トップ > 診療科目 > 胃カメラ(胃内視鏡)検査

胃カメラ(胃内視鏡)検査

当院の胃カメラ検査3つのこだわり

胃カメラ(胃内視鏡)検査とは、先端に高性能カメラがついた細いチューブで食道・胃・十二指腸を観察する検査です。
胃痛や胃もたれの原因となる胃潰瘍や胃炎はもちろん、我が国で毎年10万人以上が罹患する胃がんの正確な診断が可能です。
また、胃がんになりやすいとされる慢性胃炎の有無もチェックできます。
当院では、診断の正確性安全性快適性にこだわりました。
正確性:早期胃がんも見逃さない

正確性

今までよりもがんの発見が容易に

胃カメラは、細かい血管や粘膜の模様までを色調の違いとしてはっきり浮き上がらせるオリンパス社のNBI システムを導入いたしました。このシステムにより、同社のいままでの胃カメラや他社の胃カメラに比べて、はるかに早期胃がんや食道がんの発見が容易になりました。

安全性

機械洗浄・超音波洗浄で徹底した感染症対策

胃カメラは、手洗いの後、過酢酸と酵素を使った機械洗浄をしています。
器具の洗浄も超音波洗浄機を導入しており、
感染症対策は有名病院や大学病院に匹敵します。

安全性:大学病院に匹敵する徹底した感染症対策
快適性:眠っているうちに検査が終了

快適性

眠ったままでの検査が可能です。

ご希望により、眠り薬を使った胃カメラの検査を行っております。
胃カメラの際の苦しさを軽減し、胃カメラ検査に対する抵抗感をできるだけなくすように努めております。