ホーム > ”ワクチン外来”とは

”ワクチン外来”とは

”ワクチン外来”とは

当院では3歳以上の方が接種対象です。

予防できる病気をワクチンで防ぐことを目的とした外来です。

1.トラベルワクチン(海外渡航や赴任、旅行のためのワクチン)接種

日本では感染する機会が少ない病気でも、途上国に長期滞在する場合は感染の危険が増加します。予防できる病気は、渡航前のワクチン接種で予防しましょう。

ワクチンの効果発現には2週間程度の期間が必要です。また複数回接種が必要なワクチンもあります。渡航がお決まりになりましたら早めの受診をお勧めします。
接種開始は一度受診され日程や接種内容の詳細をご相談頂いてからになります。

※黄熱ワクチンは原則として検疫所または特殊医療機関のみが接種を行っております。
FORTH:黄熱の予防接種を行っている検疫所の一覧

2.年齢に伴い罹患する危険性が増加する病気に対するワクチン接種

  • 帯状疱疹の予防:50歳以上の方に推奨されています。
  • 肺炎球菌性肺炎の予防:65歳以上の方に推奨されています。

※脾臓摘出後の肺炎球菌ワクチン接種は保険診療
※肺炎球菌ワクチンは年齢により公費の対象になる場合があります。

3.追加のワクチン接種

小児期の予防接種で十分免疫が得られなかった方、接種後暫く経過し抗体値が減少した方。

  • 麻しん(はしか)
  • 風しん
  • 破傷風 など

4.狂犬病発症予防のためのワクチン接種

  • 狂犬病の疑いがある動物がいる地域に行く方。
  • 狂犬病の疑いがある動物から傷を受けた方。(この場合は保険診療です。)

5.高山病予防薬の投与

高山病を発症する危険があるような高地(1800m~2500mを越える地域)へ行かれる方。

 

日本では富士山の五合目で2300m、頂上で3776mです。富士登山をされる方も危険はあります。最近人気の南米ペルーのクスコ、ボリビアのLa Paz、チベットのラサなどへ行くときにも注意が必要です。

6.ヒトパピローマウィルスに対するワクチン接種

※詳細は厚労省のサイトでご確認ください。

7.インフルエンザウィルスに対するワクチン接種

ご予約はお電話にてお願いいたします

TEL:046-828-5333

予約時には以下をお伺いいたします。

  1. ご希望ワクチン
  2. 接種理由
  3. いつまでに接種が必要か
  4. お名前
  5. 電話番号
  6. 人数
  7. 年齢
  8. いつからどこの国へ行かれるか
  9. 渡航期間
  10. 接種記録(母子手帳)の有無
  11. その他ご持参書類の有無

8、9、10、11はトラベルワクチン接種時

当日は以下をご持参ください。

  • 健康保険証(公費時.副反応出現時や保険対応時に必要です)
  • 母子手帳や今まで受けた予防接種の記録や抗体検査の結果:ある方

団体でのワクチン(インフルエンザ等)接種を希望されるご担当者様へ

お電話(0468285333)でお問い合わせください。

お電話をいただいた後は、先ずご案内用紙と申込み用紙をFAX(またはメール)でお送りいたします。
その後担当より確認のお電話をさせていただきます。数回、FAXかメールでのやり取りが必要です。